とりあえず9割の力

日々思った事をつらつらと

5年で3枚の絵

3月11日、でしたね。

あれから5年も経ったのか、5年しか経って無いのか。
どっちにも感じられる不思議な感覚です。

自分が生きていた中では比べる事が出来ないくらい大きな災禍でした。
数字を見るだけでそれを思い出すくらい、大きな出来事です。


忘れる事、忘れない事、どちらもとても大事だと思います。

この5年の歳月に3枚程絵を描きました。
その日が来ると、不意に描こうと思ってしまうのです。


何となく色々違いがあって年月を感じるなと思ったので3枚並べてみます。





 

【遠吠え】 2011年3月16日制作
f:id:Eastwood:20160312010410j:plain
当時、ニコニコ静画で「東北地方太平洋沖地震支援イラスト」と言うのを募集していました。沢山の「頑張ろう」や「辛い時こそ笑おう」と言う旨の笑顔のイラストの中に投げ込んだ一枚です。
そういったポジティブさを人に与える事に対して否定はしませんが、僕は辛いときに逆の感情を引き出せと言われても到底出来ない側の人間ですので。
悲しい時には悲しい唄が、心に寄り添って癒してくれる事があるように。
或いはその時の自分に笑顔が描けなかっただけかもしれません。

 

【追憶の遠方】 2013年3月11日制作

f:id:Eastwood:20160312011703j:plain
まだ寒い雪の降る海辺で、遠くに差し込む光を眺める。

雪は弔い、光は希望。


【波の声と砂を踏む音】 2016年3月11日制作

f:id:Eastwood:20160312011651j:plain
昨日描いたのですが、特別前の2枚を意識して変化を持たせたって事も無くてですね。
でも一個前の絵の雰囲気は継承させようと思ってたかもしれません。
並べてみると、オッサン一応こっち向いてるし歩いてるし。
思ったより変化ある気がしますね。

 

5年・・・長いような短いような。
生まれたばかりの赤ちゃんが5歳になる月日と考えると、やっぱり大きな時間の流れなんでしょうか。

 

改めて自分が今生きている偶然に感謝しつつ、日々精進したいと思います。