とりあえず9割の力

日々思った事をつらつらと

立川まで電車で1時間。そんな私から見た立川シネマシティ

魅力的な映画館ですよね、立川シネマシティ。

近くにあれば足繁く通う事でしょう。でも無い。遠い。
だからと言っていつも行くかって言われたら普通に観る映画は普通に一番近い所で観る。


オンリーワンの価値を提供するモデルとして成功している立川のシネマシティですが、それも「作品」があってこそだと思います。
リバイバル上映をしている「MADMAX」にせよ、半年もロングランしている「ガールズ&パンツァー」にせよ、根強い人気がリピーターと固定客を生んで、そこから更に評判が広がっているからこそ収益に繋がっているのではないかと。

色々な記事とかをみているとかなりの拘りのようですし。

weekly.ascii.jp


そんな事もう皆書いてるから知ってるよって。そうだね・・・

書きたかったのは、立川シネマシティにわざわざ1時間かけて行くとしたらどんな映画に行くのか?ってところ。
どんなに名作の映画だとしても、あの音響を活かせる映画じゃないとそこまで惹かれないかもしれない。(いや、個人的にはあの音響で「グラン・トリノ」が観たいですが)
となると、アクションかSFか。リンク先の記事にあった音楽系とか。

今後、僕がわざわざ行くとしたら、それは「2度目」だと思います。
1度普通の映画館で観て「あ、これは『あの音』で味わいたい映画だ」そう思った映画に出会えたら1時間かけてでも行くと思います。

そういう映画って、実際そこまで多くない。
人に寄るとは思うけど、僕は別に「MADMAX」そこまでして観たいと思わない。
でも「ガルパン」だったら何とかして立川シネマシティの中でもより上位のaスタジオでもう一回観たいと思える。

何と言うか、かなりピーキーな映画館のような気がするので、作品との相性で色々左右されそうですね。

こうして見てみるに、僕としては新作の映画は勿論やるとして、その時に相性が良い作品があまり無い時期だったりした場合は、歴代の集客数とかリピーター率とかを基にしてリバイバル上映を定期的にやってくれたら嬉しいなと思いました。
(「ガルパン」とか定期的に絞りつつやったら絶対人来ると思う)

「BVS」は別にいいけど「マン・オブ・スティール」をやってくれたら観に行きたいです。(普通の劇場で観た後IMAXで2回目を観た映画なので)

アクション映画もですけど、アニメーション映画との相性は「ガルパン」を観ても抜群に良いのでは無いかと思うので「マクロスF」とか「ヱヴァ:破」とかはあの音で観てみたいかもです。「アイマス」も良さそう。

今後だと「ジェイソン・ボーン」シリーズの新作も決まってるらしいですし、それは観て見たいかもしれません。どっちにしろ一回は普通の映画館で観ると思いますが。
意表を突いて新海誠監督の新作「君の名は。」もアリかも。新海監督は映像が綺麗ってのは勿論ですけど映像と音を合わせた演出がとても良いと思いますし。
インデペンデンス・デイ」のそろそろ公開する方はどうでしょうね?

往年の名作で言えば「バック・トゥ・ザ・フューチャー」とかやって欲しい。大好きな映画です。

あ「ガルパン」抱き合わせでやってた「フューリー」よりは「プライベート・ライアン」がいいです。観たい。


と・・・何だか後半は『立川の音響システムを私物化して観たい映画』の列挙になりましたが、つまりは・・・

最大限あの音響を活かせる映画館になるには、最新作だけに拘るよりもコアな映画ファンやリピーターを狙った「相性の良い映画」を選別して、常に上映する方が良いのではないか。と、個人的には思ったのでした。
(こうしてみると「ガルパン」との相性は異常なまでに高かったんじゃないかと思えます)

権利周りとか色々あって難しいのかもしれませんが。届けこの想い。
設備の維持費とか音響の調整費とかありますし、どの程度の期間やってどの程度の集客でペイできるのかとか。その辺のコスト周りも分からんですから何とも完全に個人の希望でしか無いのですが。

一度調整した音響の設定は保存しておいて復元も一発だったりすると、そういう事も出来たりするかな。うーん。

いくら考えても立川の音響設備が僕のホームシアターになったりはしないのでこの辺で。


ざっくり纏めると「立川シネマシティは特別な映画に出会った時に最高の音響で観たいと思ったら1時間かけても行く価値のある映画館。」かな。

おしまい

立川で映画でガルパン

めっちゃ良い天気で暑いくらいでした。

f:id:Eastwood:20160426214147j:plain

ちょっと向こう側に行く機会がありまして、折角なので観て来ました。
噂の「極上爆音上映」ってヤツです。


ガルパンの映画自体は2度目でした。

likeroad.hatenablog.com

1回目が4DXで2回目が立川の極爆。今までには中々無い感じの映画の観方をしました。いいね。

個人的には3Dとかアトラクション性(4DX何かはソコが売りですが)とかよりも、純粋に音響に拘ってくれた方が数倍嬉しいので立川の映画館は興味津々でした。行けて良かったですわ~

比較的近場にあると言う点ではIMAXの劇場で2Dを観るのが利便性と音響とかの絡みで良いかなと思うのですが、音はやっぱり立川がいいですね・・・。
「また行きたい!」ってなります。遠いけど。

噂の立川の映画館について個人的な視点から。

座席ですが、普通の劇場よりもスクリーンと座席の前面に余裕があるように見えましたので、割と前の方でも問題ないのかもしれません。今回はかなり後列だったので、次回があったら前列に行こうと思います・・・

音はさすがの拘りで、普通の映画館がやってくれない大音響なのですが、耳に痛い感じではなくて空気が震える感じでした。
打ち上げ花火を近くで見た時みたいな衝撃が体に来る感じです。心地良い。
僕の席が後ろの方だったからかもしれませんが、まだ音上げてくれてもイケると思いました。
実際の戦車砲の衝撃って凄いじゃないですか?いや凄いんですよ。
むか~し、僕がまだ迷彩の服を着てた頃に総合火力演習ってヤツを現地で見た事あります。
どうせならあれくらいやってほしい気もしました。劇場出たら耳が悲惨な事になってそうですし、売店で耳栓売ることになりかねませんが。(笑)

本当にセリフも聞き取り易く、砲撃の音だけじゃなくて音楽の音の重厚さも感動を引き上げてくれます。

音 は 大 事 !!!

(bとaのスタジオでかなり違うらしいと言うのを今見て、今回bだったからaで観てみたいと思ったりしたところ。うーん・・・GWの深夜・・・)

それにしたって、公開から約半年。来月末には円盤も発売になるって言うのに未だに劇場で上映し続けていて、しかも平日のあの時間帯にあれだけの人(8割くらいは埋まってたかな)が入り、週末(GWだからだろうけど)の上映回は予約満席と言う・・・。

因みに立川は円盤の発売日まで上映を延長する事になってるらしいです・・・。
はー、すごい。


僕はやっぱり会長が好きでした。


おしまい。

 

雑記・紙にペンで日記を書こうぜ(特に10代)

どうもどうも、昔は大真面目に日記を付けていた人です。
f:id:Eastwood:20160425175631j:plain
最近ではその習慣もすっかり無くなってしまいまして・・・戻したいなーとは思っているのですが、戻そうと思うと中々難しいです。

何とか頑張ってココのブログは書いてますが。
でも書いてると段々面白くなってきましたね?

昔ですがブログを毎日書いてた時代もあったんですよ?(笑)

紙に書く日記と、こうして一応誰でも読めるネット上に残ると言うかPCで書く日記では結構違うと思います。


何が違うって言うとやっぱり誰かが読む可能性があるか無いかでしょうけど・・・

僕が毎日真面目に日記を綴っていたのは、それこそ中2くらいの時期から20代前半くらいまででしたかね。

そりゃーもう、今見ると痛々しいですよ。見返せたもんじゃないですよ。(笑)

でもね、書いてて良かったなって心底思ってます。
黒歴史を作らないで生きていく人が居たとして、そいつが面白い人生を歩んでる所を想像出来ないですからね。大志を抱け~

黒歴史、大いに結構。盛大に築き上げましょう。後で封印してもいいんだよ。
でも幾ら黒かろうと、そりゃ自分自身の歴史で大事なもんだと思います。
その上に今の自分がいるんだからね。

僕も絶対に紙媒体の日記は人に見せたくは無いですし!(笑)

誰も見ない前提の日記を綴るのって、思考の整理とアウトプットの練習なんですよ。
今日あった事や感情を素直に書いて、これから実現したい事も書き記して、少しずつ意思が固まって、決意になっていくんですよ。
それにはやっぱり紙にペンがいいですよ。書いてるって実感ありますから。

僕みたいな社会不適合者の自覚があって、落ちこぼれ気味で、どうにも凡才君は特にこの過程を済ませておくといいんじゃないかなと思います。

早いとこ自分に才能なんて無いって気付けます。
その上で、どう足掻くかキチンと考える事が出来るようになります。保証はしないけど。

本当に才能があるヤツなんてそうそう居ませんよ。
自分には才能があるかもしれないとか言う希望は、甘ったれた考えでしかないです。
才能があったらもうとっくに芽が出て花が咲いてます。残念でした。
運が無いだけ?そりゃおめー才能が無いのと一緒だ。

で、才能が無いって言うことをきちんと自覚するのがどういう事かって言うと、結果が出ない同じ行動を繰り返す事をせず、別の方法とかを自分の気持ちの在り方と向き合って決める事が出来るようになる・・・かもしれません。

好きな事をして生きていきたいって思ってた10年以上前の自分が日記の中には居ます。

好きな事をして何とか生きている、今の自分が居ます。

誰も見なくても日記とか書いてる時はめっちゃ恥ずかしい気持ちになるかもしれないけど、素直な気持ちって恥ずかしいよね。そんなもんじゃないかな。

思春期に日記を書いてたから、今の自分があると思ってます。


今でも痛々しい文章を書ける、大人失格で、恥ずかしい自分がここに居ると!
現在進行形で黒歴史を製造し続けています。やったね!

好きな事がハッキリあって、それをしながらちょっとずつ前進して実現して来たので、誰が何と言おうと僕はハッピーです。


後はしっかり稼ぎさえすれば誰も文句は言わなくなると思ってるんですがね・・・!(笑)

引き続き精進したいと思う次第です、はい。

がんばりまーす。

おしまい

雑記・ダメな時はダメだから仕方無い

今日もとりあえず何か書いておくかの精神で書いてます。

何せアホみたいに沢山寝てしまい何もしてないので、せめてブログくらい書いておこうと。

「そう言う日もあるよね」って言う割り切りとか諦めって大事ですよね。

いつも予定通りに進むわけじゃないですし、体調やら精神状態やらでやりたくても出来なかったりするじゃないですか。

そこに自分で「何も出来なかった」って追い討ちかけても良い事無いので、何か上手い具合に誤魔化します。
その方が明日は上手くいく可能性が高くなる・・・気がします。

常に何も出来て無いのに誤魔化してばっかりとかだとダメですけど。

自分の場合は平日も休日も無く自分のしたい事ばかりやっているからこの考え方でも良いのかもですが、休日しか時間が無いとかでやりたい事が圧迫されて自分に追い討ちかけてしまう気持ちも分からなくは無いです。僕にもそう言う時期ありましたから。

まあね~、そうなってくると、そのフラストレーションをどこにどう向けるかが大事だろうなーって思いますよ。

今を乗り切れば余暇が出来るとかだったら別にいいかもしれませんが、先が見えない状態でずっとそれなら・・・そのフラストレーションを環境を変える事に向けてみるのもいいんじゃないですかね。

と、独り身の男性にならそういうアドバイスも出来ます。

女性だったり、家族を養っていたりする人には、それも中々難しいですね。

でも、やっぱり環境とか状況をどう変えるか考えた方が良いとは思います。
そこを変えないと何にも変わらない気がするので。

そんな感じで環境を変えながら生きてきたのもあって、そう言う考え方になってしまってはいますが。
「環境を変える」は少なくとも自分には有効でしたね。

今後はあまり大きく変わることは無いかもしれませんが。
でも引越しはしたいです。

おしまい

雑記・個人的な「名作」と「良作」の基準

名作だとか良作だとかって感覚的な話ですが・・・
その辺を明確にする基準が最近、自分には出来たような気がします。

それもまあ、感覚的と言えばそうなんですけど。

「誰もが認める名作」とか言われても、別に自分が良いと思えなかったら意味無いですし「俺が認めてねえよ」ってなるじゃないですか?ならない?知らない。
他者の評価に依存しない自分の中の「名作」「良作」の基準があると、ちょっと作品と接するのが楽しくなったりするかもしれませんよ。保証はしません。

前置きが長い。

あくまで僕が最近ベースにしている基準ですが

「もう一度」と言うのが「良作」です。
何年か経ってから突然「あ。あの曲が聴きたい」とか思い出すやつとか。
この間観た映画だけどもう一回観たいとか。

何度も観たい、聴きたい。時間を経てからも良いと思える。そう言う作品。良作。

そこからもうちょっとレベルが上がって「何かしらを手元に置いておきたい」ってなったら「名作」認定。
観たい聴きたいの頻度が高くなるとそういう手元におきたいって感情が強くなる気がします。

ただ、この基準ですが、ある程度捨てないと見えてこないです。
取捨選択の一種だと思います。


私情ですが、ここ数年慢性的な財政難である事で、買うモノを吟味しなくちゃいけなくなった事と、部屋がめったくそ狭いのもあってそういう基準が必要になったと言うのがあります。生活の知恵!(?)

一回観ればいいかなって言うのは、ほら、沢山あるじゃないですか。凡作を手元に置いておく余裕が無いんですね~

歌・映画・アニメ・漫画・小説・書籍等々。
そういう作品には割と何でも当てはまるような気がしてます。
とりあえずその基準をベースに取捨選択してます。


ただ、「名作」の基準が単純な「所有欲」とダブる場合があるので、そこら辺は自分次第で判断するしか・・・。そんなに上手いこと全てを基準に則って取捨出来たら苦労しませんし。

好きなアーティストが居たら、別にそこまで聴かないCDでも手元には置いておこうかなってなるじゃないですか。今は全然聴かないけど昔好きだった思い出の曲とか、観る機会は無くなったけどバイトして買い揃えたDVDとか捨てれないじゃないですか。
それはそれでいいと思います。思い出はプライスレス。
思い出だけあれば物は要らないって言う考えもあるかもしれませんが、アレですよ、外部記憶装置的な・・・見たら思い出すから、思い出再生装置的な役割があると思います。

生まれてからそこそこの年月が経ちましたが、覚えてる事の方が圧倒的に少ないですもんね。今でも3分の1は寝てるし。

盛大に脱線した気がしますが、まとめると・・・

生きている間に記憶に残る名作・良作と沢山出合いたいですね。

そしてあわよくば何かそういうの作れたらいいですね。

と言う話でした。

おしまい

 

雑記・ちょっと時間経ったくらいのモノを紹介していきたいとか思った

ある程度の時間が経って自分の中に残っているものこそ、本当に好きなものだったりすると思うんですよ。

新しく出会ったソレを判断する基準は感動だったり興奮だったり、大きく動いた一時的な感情で、5年後10年後にもソレが好きと言えるかは実際分からんのですよね。

本当に良いモノは何かしら「残る」と思います。
存在そのものだったり、記憶だったり、習慣としてだったり。

だけどそれを確かめるのにはやっぱり時間が必要で、実際時間が経ってみないと今言ったところで何の説得力も無いんじゃないかなと思います。

時間は人の想いを定着させるのにとっても大事だよね!って言う話。


そう思うと、年々沈着してゆく好きなものに対する想いとか、深さを刻むって意味で歳を重ねるってのはいいもんだなと感じたりします。

僕が敬愛するクリント・イーストウッドも「歳を重ねる事はポジティブな事だと示したいんだ」と言っておりましたし。(「人生の特等席」のパンフに書いてました)
事実それを体現している方だと思います。


かの名作SF映画の「Back to the Future」は今観ても面白いです。
公開から30年経っても面白いんです。褪せない魅力があるんですよ。

でも時間を経た今だからこその魅力もあると思います。

刹那的なものが悪いと言う話では無くて、きっちり残っていくものを見極める目を持ちたいねって。

そういうものを作っていきたいねって話だったり。


それはそれとして、残そうと思うと残らないと言う説もあったりします。
あえて残そうとしなかったモノの方が、返って後の世まで残ったりするんだとか。

作品でも関係性でも「残そう」とか考えず、本当に好きなものを地味に煮詰めて行くのが、一番良いのかもしれませんね。

自分が何を好いているのか自問自答しつつ、とことん突き詰めていきたいなと。そんな感じで生きています。


ヤゲンナンコツを焼いて塩コショウを振ったやつが好物です。

閑話休題・渋谷のスクランブル交差点のライブ映像とか環境音サイトとか

ここのブログ、管理画面に行くと連続ログインのように「継続日数」が表示されるんですよ・・・

ってな感じでとりあえず今日も何か書いておこうと思ったんですけど、これと言って話題が無いんです。

や、あるにはあるんですが、もうちょっとじっくり書きたいと言うか。まだ書くのに気乗りしないと言うか。そんな感じです。

今日は何となく適当な音楽を流しながらリアルタイムな渋谷の交差点を眺めつつ作業してたような・・・まだしてないような。

こういう定点観測のカメラを眺めていたいんですけど、音声も欲しいなーって思っちゃいます。自前の音楽流すのもいいんですけど、街の雑踏をただ流していたい気分もあったりして。

そういう「ノイズ」を好みで流せるサービスがあるのは知ってるんですが、リアルタイムの音が欲しいなーとか贅沢な事言い出したり。


因みに環境音サイト色々

www.calm.com

(映像と一緒に楽しめるのが良いです)


www.noisli.com

  (いろいろお好みで組み合わせられるのがいいですね)  

 

413tmks.s3.amazonaws.com

(今見つけた。居酒屋の音・・・今度家で飲むとき流そう・・・)

www.jazzandrain.com

 (雨音と音楽が流せるみたい。いいかも。)

探せばもっと色々ありますが、うちはとりあえずこんな感じで。




昼夜逆転してます。親子丼作って食べました。