とりあえず9割の力

日々思った事をつらつらと

好きな漫画家。吉田基已さん

吉田基已さん、僕は当初男の方だとばかり思っていましたが女性だそうです。何で男だと思っていたのか。知った時は割と衝撃だったけど改めて作品を見返したら物凄い納得した記憶もあります。

代表作は「恋風」・・・だと思ってます。
 
全5巻。
今でも時々読み返したくなる作品です。(読み返すのに丁度良い長さと言うのもポイント)
個人的にはとても好きなのですが、題材の時点で万人受けはしないだろうなと思います。


随分昔にアニメ化もしてましたけど完結前にしたアニメ化でしたし、観たような気はするんですが殆ど覚えてません。オマケだか次回予告だかでお兄ちゃんの部下(名前忘れた)がやたら妹語りしてた気はする。

アニメ化に合う作品かと聞かれると、正直首を傾げちゃいます。なんでってそりゃ漫画の出来が良いからと言うか、映像で表現するの難しそうって思うからですね。
時間がゆったり流れてる気がする作品ですし、テンポ的にも厳しいかなって。

吉田基已さんの作品の何が好きかと言うと、心情描写の細やかさで、男の人だと思ってましたが女性だと知ると納得するのはその辺の微細さです。
 
「夏の前日」でもその辺は変わらず細やかでした。「夏の前日」ってタイトルからいいですよね。

漫画家さんなのですが、僕から見ると漫画家と言うより芸術家みたいな感じがする人です。漫画家も広義では芸術家なんですけど・・・そう言うんじゃなくて・・・

漫画を通して一枚の絵を描く過程を見ているような感覚と言うか?

うん、良く分からなくなったので止めます。


絵も話も好き嫌いがパッキリ分かれそうな作風の方ですが、僕は大好きな漫画家さんですので次回も楽しみにしていたりします。今は特に連載とかされてないみたいですけど・・・

ところで「水と銀」って完結したんでしたっけ・・・?


書いていたらまた色々読みたくなってきました。

「夏の前日」は単行本が出る度に読んではいましたが、完結してから通しで読んだ事無かったですし。


風邪で仕事が手に付かないのを理由に、今こそ読み返すべきなのか!?


そんな感じで今回はこの辺で。

最近漫画の話ばっかりしてますが、別にその路線で固定と言うわけでは無く、映画だったりアニメだったり本だったりの話もするかもしれません。そこはもう気分次第ですので。ヨロシク三十六

続・「からかい上手の高木さん」の話

何だか高木さんを検索してくる人がいっぱいいるみたいなので・・・
また書いたし描いた。

f:id:Eastwood:20160418000109j:plain
今回は模写に近い感じで。最初にそれしろよって自分で思った。
一回描いて特徴とかバランスとかちょっと把握してからちゃんと描けと。うん。

でも山本崇一朗さんの絵は独特のバランスで難しいです。
オデコスキーなんだろうなって思います。
下マツゲのラインがセクシーだし効果的だなーと。僕の本来の絵だと描かない線です。

フォトショの練習でフォトショ使って描いてますけど、フォトショで線引くもんじゃねーなとしか思えなくなります。めちゃんこ使い辛いとしか思わない・・・

そういえば一巻の一話にエヴァのパロっぽいシーンありますよね。

高木さんは良く首をかしげてると言うか、西片君の顔を覗き込む感じの動作をするのですが、それかわいいよなズルいって思います。


・・・西片応援するのやめようかな。



  

 

懐に余裕が出来たら「ふだつきのキョーコちゃん」も読んでみたいと思います。

好きな漫画「からかい上手の高木さん」

前から気にはなっていたのですが、ついうっかりやっと読みました。
凄く・・・すごく良かったです・・・

一巻が既に10刷、三巻で4刷なのでかなり売れてる方なのでは!?

  

まあ、売れてる売れてないとかは関係なく良いです。

僕は前から言ってますが(始めて書く)、女の子の手の平の上で転がされたい派の人間です。ね?高木さんめっちゃ良いじゃないですか!!

きちんとね、西片君をね努力させる方に導いてるんですよ。からかいつつ。多分。
そう言う、やる気にさせる感じで転がされたいです。コロコロされたいです。

青春だな~。いいなぁ~。って作品でした。

この年齢特有の男女付合い恥ずかしい感も(主に西片君に)出てるのですが、それを乗り越えてくっついて欲しいな~って思っちゃいます。

f:id:Eastwood:20160414001139j:plain
イマイチ似なかった高木さん。
からかわれたいです。



続きを読む

好きな漫画「恋愛怪談サヨコさん」

ちょっと前に完結しましたね。しちゃいましたね。
 


因みに僕は、作者さんの前作である「ああ探偵事務所」からのファンでした。
 

サヨコさんも関崎俊三さんらしい作品だったと思います。
この方も独特で、この方にしか描けない作品を描かれると思います。

「ああ探」幼稚園の節分だったと思うけど、そこで妻木さんがしてきた鬼の仮装で随分笑った記憶があります・・・。好きです。

サヨコさんの単行本なんですが、5巻までは表紙のタイトルがちょっと浮き出る感じの凸状に印刷されていたのですが、6巻から最終の8巻までは普通の印刷になってしまっていました。
そこだけは、何となくちょっと残念でした!

関崎俊三さんは、ツイッターもやっていらっしゃって、単行本とかの発売後には感想をツイートしている方に感謝のリプライを自ら送ると言う中々マメと言うか奇特な方です。僕もいつだったか「書店に置いてなかった~」って呟いたら「取扱店が少なくてすみません」みたいなリプを貰った記憶があります。笑
置いてない書店が悪いんですよ!まったくもー!

クセのある作品を描かれる方ですが、水が合えばきっと楽しく読めると思います。

個人的には凄く好きな漫画家さんです。

次回作も楽しみにしてたりします。


今回はそんな感じでした。

個人的には数年ぶりに大ヒットしたボカロP。ナユタン星人さん

 

ボーカロイドにハマッたのは、それこそ本当に初期の頃です。
初音ミクが出てて、まだ鏡音リン・レンが出てなかったくらいの時代。
(僕はフナコシPが大好きです。知ってる人は知っているハズ。)

それから数年間はボカロにドップリ浸かってました。GUMIの初期時代とかめっちゃ好きでした。
それくらい長い時間コンテンツに接していたって言うと「アレが無ければ今の自分はここに居ない」と言える気もします。

今はもう、その頃のアットホームな感じやアングラな感じも無くなってしまった(ように感じる)ので、それが好きだったのもあってスッカリ離れてしまっておりますが・・・

それでもまあ、昔好きだった曲は今でも聴いたりします。
新しい曲に触れる機会がめっきり減ったと言うだけではあるのかもしれません。

そんな自分が偶然にも聴いて、久しぶりにヘビロテしちゃうくらい好きになったボカロP、ナユタン星人さんの新曲が出たのでご紹介(?)です。



今回も独特且つ耳に残る曲調と、言葉選びが心地好い詞が絶妙です。
発表されている曲、アルバム収録曲も含めて現時点での全曲が3分弱と言う拘りも個人的には非常に惹かれる部分です。

f:id:Eastwood:20160410222127j:plain


そんな感じのファンアートです!!
いや描いたはいいけど殆ど元動画のポーズと同じになってしまったので・・・
全体で遊んでみました。エイリアン感マシマシしてみました。
アンドロメダ子かわいいよね。

個人的には動画のセンスも抜群に良い方だと思います。
基本的な構造を同じにする事でルーチン化が出来てますから、動画制作が幾らか楽なのでは無いかと推測。これ、長く(一人で)制作する上でとても大事だと思います。
それに加えて毎回きちんと違いを持たせていますから、見る方はその「違い」が楽しみです。歌詞が演出として機能しつつ判読性が高いのも良いです。
そして何よりサムネを見たら「ナユタン星人さんだ!」と、分かると言うのも強いですね。

あと、アレですね。ナユタンさんの曲や動画の雰囲気からは、僕が好きだった時代の匂いを感じる気がします。だから余計に好きなのかも。

追記:4月8日

youtubeにも上がりましたので、貼らせていただきました。 

続きを読む

お酒の販促漫画にしておくのは勿体無いくらい

話題になってたのが先月の半ばくらいなので、知ってる方は知ってるかもしれません。
「ふんわり鏡月」と言うお酒の販促?用に書き下ろされた漫画らしいのですが、これが凄かったです。
読む回数に応じて見方が変わると言うギミックがあって、とても面白い。
そして純粋に絵も内容も素敵な漫画です。

 

funwari.com


この漫画がいつまで読めるのかは分からないのですが、いつまでも読めるように置いておいてくれるといいなぁって思いました。

funwari.com

 

他の漫画もあります。
「甘酸っぱい男」だけは商品を買ってシリアルを打ち込む必要があるみたいです。
別に僕が宣伝しても何のメリットも無いのですが、「ふんわり男」は面白かったので。

個人的にはお酒にシリアルを付けるなら、全部同じ条件で公開した上で漫画のDL券とかにして欲しかったですね。
それで、DLが発生した作品の作者にDL数に応じた収益が発生するとかだったら「ふんわり鏡月」一本は買ってました。

そこまでやっちゃうとコスト的には見合わないかもしれないですが・・・。
作品と作者に賞賛と対価を払いたい人は僕以外にもいると思うので、ね?
このキャンペーン続けるなら今からでもどうですかね?


あとSuntoryはペプシマンの新しいCM作ってください。
それと旧CMをブルーレイで販売してください、お願いします。


以下「ふんわり男」を読了した方向け。

続きを読む

「アルボスアニマ」1・2巻

1・2巻を纏め読みしました。
面白かった!!

早く続きが読みたいですね~
 

f:id:Eastwood:20160329231044j:plain
せっかくなのでイヴちゃん描きました。
ポーズは適当にロビン・フットで検索して出てきたのを参考に。

自分の基の絵柄と近いようで近くない感じがします。
顔の縦比率と目の置き場所とかで微妙に似ないですね。あと髪型分からん。
漫画本編の作画も細かくて大変そう。植物に服飾に船にあれやこれや。
僕だったら死にます。

割と前だった気がしますけど「虫籠のカガステル」読んでました。
たぶん、その時はまだ完結してなかったはず。(topページは無くなってるようですが、本編は今でも見れるみたいです。)
今は完結して丁度、商業単行本化して4巻まで出てるんですか?
 
読みたいのですが、のっぴきならない懐事情があるので・・・お財布に春が来たら読みます。

橋本花鳥先生はずっと個人サイトで連載を続けていた「虫籠のカガステル」から、その同人誌を経て長い年月をかけて支持を得て商業連載に到った方と言うのもあって、何だか余計に応援したくなります。

とにかく今後も楽しみなのです。

ってな感じで今回はこの辺で。